イベント

トークショー

※現地で観覧する場合は事前予約が必要です。

企画概要
 毎年恒例のトークショー企画。今年のゲストはコピーライターとして一世を風靡し、現在はウェブサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」を運営し、さまざまな商品コンテンツを企画開発している株式会社ほぼ日代表取締役社長の糸井重里さんです。
前半は糸井さん、日比野学長、藝大生によるトークショー、後半は糸井さんと藝大生による一問一答の二本立てでお送りいたします!糸井重里×日比野克彦×藝大生旧知の仲である糸井さんと日比野学長の対談に現役の藝大生3人が切り込みます。時代を切り取る糸井さん、時代を表現する日比野学長、そしてこれからの時代を担う藝大生達からどんなお話が生まれるのか、必見です!
 いま、糸井氏にきく。糸井さんと、糸井さんに聞きたいこと、見てほしいこと、聞いてほしいことがある藝大生による一問一答形式のトークです。
藝大生から飛び出すさまざまな質問に、糸井さんがどんな回答をなさるのか注目です!

出演者プロフィール

糸井重里(いとい・しげさと)

株式会社ほぼ日 代表取締役社長1948年群馬県前橋市生まれ。 コピーライターとして一世を風靡し、作詞やエッセイ執筆、ゲーム制作など、多彩な分野で活躍。1998年にスタートしたウェブサイト「ほぼ日刊イトイ新聞」では、『ほぼ日手帳』をはじめ、AR地球儀『ほぼ日のアースボール』、「人に会おう、話を聞こう。」をテーマにアプリ・Webでお届けする『ほぼ日の學校』など様々な商品開発、企画を手掛ける。

日比野克彦(ひびの・かつひこ)

1958年岐阜市生まれ。1982年東京藝術大学美術学部デザイン科卒業。卒業制作で第一回デザイン賞受賞。1984年同大学院美術研究科修了。在学時にはサッカー部に所属。1982年第3回日本グラフィック展大賞、1983年第30回ADC賞最高賞、1986年シドニー・ビエンナーレ、1995年ヴェネチア・ビエンナーレ出品。1999年毎日デザイン賞グランプリ、2015年文化庁芸術選奨芸術振興部門 文部科学大臣賞 受賞。1995年に美術学部デザイン科助教授に就任。1999年美術学部先端芸術表現科の立ち上げに参加し、助教授として就任。2007年教授。2016年から美術学部長。2022年4月1日、学長に就任。

登壇学生プロフィール

大森大輝
(おおもり・だいき)

ウィーン国立音大指揮科を経て藝大指揮科学部2年在学中。
「世界の開示」という芸術本来の在り方に立ち返るべく探求中。行きすぎた資本主義を嫌悪し、現在は携帯電話・時計・財布を持ち歩かずに生きている。

菅井啓汰
(すがい・けいた)

先端芸術表現科4年。中学生から映像やアニメーションの製作を始める。現在は現代美術と演劇の領域を横断して活動している。2019年に劇団身体ゲンゴロウを旗揚げし、都内の小劇場にて公演を展開。2022年9月28日より、王子小劇場にて劇団身体ゲンゴロウ第5回公演を予定している。

金子萌
(かねこ・もえ)

東京藝術大学絵画科油画専攻1年。幼いころから絵を描くなど、芸術に触れることが好きで、スタジオジブリ作品を頻繁に鑑賞し昭和漫画をよく読んでいた。中学生の時にゲームの持つ芸術性に惹かれ、高校の時に進路を美術の分野に変更。犬が好き。

大森大輝(おおもり・だいき)

ウィーン国立音大指揮科を経て藝大指揮科学部2年在学中。

菅井啓汰
(すがい・けいた)

先端芸術表現科4年。中学生から映像やアニメーションの製作を始める。現在は現代美術と演劇の領域を横断して活動している。2019年に劇団身体ゲンゴロウを旗揚げし、都内の小劇場にて公演を展開。2022年9月28日より、王子小劇場にて劇団身体ゲンゴロウ第5回公演を予定している。

金子萌(かねこ・もえ)

東京藝術大学絵画科油画専攻1年。幼いころから絵を描くなど、芸術に触れることが好きで、スタジオジブリ作品を頻繁に鑑賞し昭和漫画をよく読んでいた。中学生の時にゲームの持つ芸術性に惹かれ、高校の時に進路を美術の分野に変更。犬が好き。

藝大 × コレクション

【予選】

【本選】

 美術と音楽の2つの要素を柱に、各々の美を追求した作品をステージで表現する「藝大×コレクション」、通称藝コレ。
「ふれる」ことがなかなか叶わないこのご時世に、藝コレではパフォーマンスで人の心に「ふれる」作品を募集しました。藝祭1日目および2日目のオンライン一次予選を経て、3日目に数年ぶりとなる実地での本選を行います。あらゆる表現が繰り広げられる藝コレに、どうぞご期待ください!

野﨑眞由

野﨑眞由 /
精一杯頑張りますので、どうぞ宜しくお願い致します。

牛二卵性双生児

藤澤奈穂、佐藤桃子、内田恭平、野村穂貴、松本莉鼓、新美日向生、三好駿平、雑賀七菜、團野安莉奈 /
日常に潜む声ギブスンが生きた 平坦な戦場我らが生きる 愛する人の声をも遮る情報の海“僕らの愛は知っている 沈黙の周波数を”我らは耳を澄まし 言葉として扱われない声を想像する沈黙の周波数の中で貴方と私が愛し合うために

Wheel of Emotions

永田愛、徳永天実、堀田紗来、高橋嬉春、大須賀由、桑原尚文、長澤莉佳、小前光、久保華子 /
これは、芸術と対峙せんとする或る画家の物語だ。彼女は、ときに優しくふれあい、ときに激しくぶつかりあう人の心に翻弄されながら、その先にあるものを見つけようともがく。移り変わって混じり合うその感情を、音楽、歌、彩色によって表現する。

審査員紹介

近藤良平(Ryohei Kondo)

コンドルズ主宰・彩の国さいたま芸術劇場芸術監督。
第67回芸術選奨文部科学大臣賞受賞。主宰する「コンドルズ」は日本を代表するコンテンポラリーダンスカンパニーであり、NHK ホール公演を即日完売+追加公演。世界30ヵ国以上で公演、ニューヨークタイムズ紙が大絶賛。TBS「情熱大陸」出演。近年は埼玉県と共に障がい者ダンスチーム「ハンドルズ」や、NHK エデュケーショナルと共に幼児期の情操教育をサポートする「コンドルズの遊育計画」の振付演出、地方文化の活性化など、多角的なアプローチでコンテンポラリーダンスによる社会貢献にも挑戦中。朝日舞台芸術賞寺山修司賞、横浜文化賞なども受賞。南米育ち。愛犬家。

長島確(ながしま・かく) 

東京藝術大学音楽環境創造科招聘教授/ドラマトゥルク
専門はパフォーミングアーツにおけるドラマツルギー。大学院在学中、ベケットの後期散文作品を研究・翻訳するかたわら、字幕オペレーター、上演台本の翻訳者として演劇に関わり始める。その後、日本におけるドラマトゥルクの草分けとして、演劇、ダンス、オペラからアートプロジェクトまでさまざまな集団創作の場に参加。2018−20年フェスティバル/トーキョーディレクター。現在は東京芸術祭ファーム共同ディレクター。

松井るみ

舞台美術家
大阪府出身。劇団四季を経てロンドンへ留学。帰国後、舞台美術家としての活動を開始。2004年『Pacific Overtures』(宮本亞門演出)でブロードウェイデビューし、同作品デザインで第59回トニー賞にノミネート。07年OISTATより“世界の最も名誉ある舞台デザイナー12人”に選出。第10回・第19回読売演劇大賞最優秀スタッフ賞、紀伊國屋演劇賞個人賞、伊藤熹朔賞、菊田一夫演劇賞他、受賞多数。近年の主な作品に『グレート・ギャツビー』、『るろうに剣心京都編』、『マーキュリー・ファー』、『ニュージーズ』、『子午線の祀り』など。東京藝術大学非常勤講師。2019年秋の紫綬褒章を受章。

ステージライブ

ゲストライブ NAOTO
藝大卒のヴァイオリニスト NAOTOさんによる生ライブ&トークショー

  • ゲストアーティスト:NAOTO*(Vn)榊原大*(Pf)齋藤たかし*(Dr)遠山哲朗(Gt)小山尚希(Ba)大谷舞*(Vn)*は藝大卒
  • 日時:9月4日(日) 15:00-16:00
  • 場所:総合工房棟前 野外特設ステージ

【 NAOTO(Violinist、作編曲家)PROFILE 】

1973年、大阪府高槻市出身。第39, 41回全日本学生音楽コンクール西日本大会で第3位、第42回には同コンクール第2位、霧島国際音楽祭奨励賞を受賞。東京藝術大学音楽学部附属音楽高校、東京藝術大学音楽学部器楽科卒業。
クラシックからポップスまでジャンルにとらわれない音楽センス、ブリッジをしながらのアクロバティックな演奏など華麗なパフォーマンスで人気を博す。
ドラマ「のだめカンタービレ」では、オーケストラの選考、吹き替え演奏、楽曲提供、そしてドラマに役者としてゲスト出演し、一躍注目を集めた。
2005年に、EPIC レコードよりメジャーデビュー。2017年には、自身のレーベルを立ち上げ、2021年デビュー15周年を記念して、東京・Bunkamura オーチャードホールにて開催された「NAOTO 15th Anniversary Live -The New Black-」のライブDVDを、そして2022年、自身のデビュー記念日でもある4月6日に通算10枚目のCD「Get over it」を発売。
他のアーティストからの信頼も厚く、近年では、宇都宮隆、大黒摩季、世良公則、谷村新司、AI、柚希礼音、押尾コータロー、DEPAPEPE などと共演。2019年9月にポルノグラフィティのデビュー20 周年東京ドーム公演に、シークレットゲストとして出演。SNS 上で話題になりTwitterトレンドで世界第1位になる。Shick「ハイドロ 5 カスタムコンフォート」のスペシャルムービーに出演、250 万回再生を突破した。
作曲家として、NHK「スタジオパークからこんにちは」を始めとするテレビ番組やたくさんのCM、劇団 TEAM NACSの主宰公演の音楽監督を担当。東日本大震災以降、福島県須賀川市の小中学校を定期的に訪問し、その活動が認められ2015 年に須賀川市観光牡丹大使に就任。
日本スープカレー協会広報宣伝担当理事、カレーマイスターの資格取得、ラジオパーソナリティー、TV 朝日系列「関ジャム ∞ 完全燃 Show」「マツコの知らない世界」出演など、活動は多種多彩に渡る。ますます進化を続けるNAOTOにさらなる注目が集まっている。

NAOTO Official Site:https://naoto-poper.com
Twitter :@NAOTO_poper 
Instagram:naoto_poper

ステージ学内団体

●【 9月2日 】11:30-11:45 縦横丁(バンド)

スタジオセッションから生まれた芸術カンパニー。団体内で楽曲の制作、レコーディング、アートワーク全てを担う。ジャンルの垣根を越えて各々の芸術を追い求め、実現していく。このライブでは、一般的に認知されているジャズをクラシックの技術と知識をアドリブ演奏に落とし込むことで、より多様化し実験的な試みを加えた曲達をお届けする。熱い音楽に是非酔いしれて頂きたい。

●【 9月2日 】12:30-13:00 かねぼしじん(ライブステージ)

声楽科に在籍中の音楽家かねぼしじんの最初で最後のライブ。全ジャンルの音楽から影響を受けた多岐にわたる作品を披露します。

●【 9月2日 】13:30-14:00 村上裕(ライブステージ)

電子音楽。即興演奏。

●【 9月2日 】14:30-14:45 藝大オタマトーン部(ライブステージ)

今年4月に突如現れ、Twitter上で反響を呼んだ新生非公認サークル。オタマトーンの力で、世界を救う!藝大生による『本気』のオタマトーン演奏をお届けします!刮目せよ!!!!!

●【 9月2日 】16:00-16:15 凪と樹 with北澤華蓮&長坂美玖(ライブステージ)

菊凪ゆうこと笠原道樹による箏・尺八ユニット『凪と樹』。今回はヴァイオリン北澤華蓮、コントラバス長坂美玖をゲストに迎え、唯一無二の響きのカルテットで、藝祭らしく盛り上がる楽曲やサマーソングをお届けします!

●【 9月2日 】16:40-17:10 カブトムシ(バンド・ラップ)

僕らの中にある圧倒的な正義と信条vs俺らの内側で滾る圧倒的いま・ここReady Fight...

●【 9月2日 】17:30-18:00 VOICEOFGAME(ライブステージ)

藝祭のために集まったVOICEOFGAMEは音楽家でもあり、ゲームが好きな人でもある。だからゲーム音楽のステージをやろうと結成したバンドです。好きなビデオゲームで遊んだら、その思い出と共に流れる曲が心に残ると思います。子どもの時から今に至るまで遊んでいたゲームに出てくる曲やソングをまた聴くと、そのワールドに引きずり込まれるような魔力があります。我々VOICEOFGAMEは五つのゲームソングを選んで、皆さんにこのゲーム音楽の魅力を少しでも味わってもらいたいと思っています。

●【 9月3日 】11:15-11:45 サンバパーティー(サンバ)

夏といえば藝祭。藝祭といえばサンバ。サンバパーティー参上。藝祭にサンバが2年ぶりに帰ってきました!4種の楽器をもってサンバパーティーを開催してステージを盛り上げます!ドン!ハイ!ドン!ハイ!ドドドドドドドン!ぜひパーティーを楽しんでいってください!

●【 9月3日 】12:15-12:30 MIRAI(ラップ・DJ)

強い想いをストレートな歌詞で綴り、メロディアスなフロウで表現するラッパー。横浜出身。彼は明るくポジティブな言葉で、聴く人の背中を押す。画家としても精力的に活動している。今年の9月には大阪、10月には表参道で個展を開催予定。彼の作品は人々をカラフルな世界へと連れて行く。

●【 9月3日 】13:00-13:15 Chocolate cosmos(ライブステージ)

大学2年生の本気のJ-pop!幾田りらさんやOfficial髭男dismさんの人気曲をカバーします!私たちにとって初の藝祭ライブ、どうぞお見逃しなく〜!

●【 9月3日 】13:35-13:50 男(弾き語り)

宇宙と愛

●【 9月3日 】 14:10-14:25 せんたん☆ぷろじぇくと(ライブステージ)

「取手キャンパスからこんにちメェ~っ✩」先端芸術表現科(非公認)マスコットの“せんたん”だよ!Ψ( ❛ω❛ )Ψ取手と先端をもっとアピールする為に、愛とハッピーの力で頑張っちゃうゾ♡先端音頭をみんなで踊って、レッツ★萌え興し!ぜひペンライトを持って遊びに来てね*○。.☼*゚

●【 9月3日 】14:45-15:15 アヲイトリ(バンド)

主催したボーカルのバンドやらない?というツイートに反応したさまざまな立場のミュージシャン達が藝祭のためだけに1日限りのバンドを結成。時勢に流され失われた二年間を取り戻すように今、音楽が動き出す。

●【 9月3日 】15:35-15:50 微笑モネ(バンド)

何も考えずTwitterで人を集めたら、よくわからない集団ができました。仲良くしてください

●【 9月3日 】16:15-16:45 Kaya. 天竺の風(インド舞踊)

南インドの寺院で奉納されてきた歴史を背景に持つ、古典舞踊のひとつ「バラタナティヤム」。特徴的な身体の動きや衣装、足首につけた鈴の音から、天竺の宵待の頃の風を感じていただけたら幸いです。

●【 9月3日 】17:10-17:25 東京ハイカラニズム(バンド)

音楽って、聖俗の壁を曖昧にする。だから好きだ。聖と俗とが渾然一体となる祭。そのエネルギーを昇華するためには、バンドしかなかった。バンドって、いちばん俗っぽい。でもカッコいい。TOKYO HIGH COLLAR-NISMの確信犯的キッチュさは、きっと想像もつかない化学反応を生み出す。

●【 9月3日 】17:45-18:00 えんにゅう’s バンド(仮)(バンド)

入学して初めての藝祭ライブ、えんにゅう’sバンドがお送りするパワフルな15分!YouTubeおかはチャンネル♪【藝祭までの道のり】最終章...成長、変貌を見逃すな☆彡

藝祭休憩所・リブ居間

 演奏会のチケットが取れなかった…どこから行けばよいか迷ってしまう…そんなもやもやした気持ちを、だれでも休憩所・リブ居間が解消します!
休憩所といっても、座ってゆっくり涼めるだけではありません。藝大生の生演奏・パフォーマンス・トークが行われたり、個性豊かな建築科の作品展示があったりと、お楽しみが盛りだくさん!BGMも藝大生オリジナル曲です。
 さらにさらに、Twitterで大バズりした「あの」入学式看板と写真が撮れる、特別なフォトスポットも用意しています。お土産の記念写真にぜひどうぞ!!
 開祭時間中いつでも、お気軽にお立ち寄りください。疲れを癒しつつ、藝祭を満喫しちゃいましょう!

特集「藝祭2022 明治時代の留学生たち」
私たちの先輩!!かつて外国の音楽に「ふれた」明治時代の留学生特集

share
2022  9/2~4
トークショー藝×コレステージリブ居間特集